文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2013年5月

2013年05月29日(水)

5月29日 本日の総会

皆さん、こんにちは。

 本日の総会は、『篠山市シルバー人材センター』と『黒豆の館 とっぱち協会』の2団体に出席させていただきました。

 まずは、『篠山市シルバー人材センター 平成25年度定時総会』
 篠山市のシルバー人材センターは、高年齢者の希望に応じた臨時的かつ短期的な就業又はその他の軽易な作業に係る就業等の機会の確保と提供により、高年齢者の生きがいの充実、社会参加の促進を図ることを目的とし、「自主・自立・共同・共助」を基本理念にもつ、営利を目的としない公益社団法人です。

 24年度の報告からみた課題は、会員数の伸び悩み、契約高の減少、補助金の削減等々が挙げられています。
 これらについては、センター自らの努力に加え、安倍内閣の「強い経済」を取り戻すとの表明に、丹波地域においても中小企業や小規模事業者が躍動し、就業場所確保や会員の生きがいづくりに繋がればと期待もされています。
 また、農作業の現場においては、需要が拡大しているとの報告もありました。篠山市は、来年度にも高齢化率が30%を超えるともいわれて言います。このような状況の中、シルバー世代の社会参加なくしては、地域社会は成り立ちません。
 今後、ますますその存在意義が重要となるであろうシルバー人材センターの発展・充実を祈念するとともに、そうなるように私達もしっかりと課題を見据え対応しなければなりません。

 『黒豆の館 とっぱち協会』とは、「田舎バイキング」で有名な黒豆の館の指定管理を受けておられる団体。
 3年前に「田舎バイキング」を始めてから、飛躍的に経営が安定してきました。
 この3月の臨時総会で法人設立を承認され、4月には株式会社を設立されています。
 本日の総会では、新会社が引き続き指定管理を受けられるようにするため、協会の資産からの出資等、最終詰めについて諮られました。

 篠山を代表する特産品黒豆。その中でも“川北産”を擁する西紀地区にある「黒豆の館」。更なる飛躍を期待しています。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。