文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2013年4月

2013年04月21日(日)

本日の活動

皆さん、こんにちは。

本日は・・・
9時~『第30回記念篠山城武道大会』
 柔道と空手道は東中学校会場で、剣道と少林寺拳法は篠山中学校会場で、それぞれ行われました。

 本日私は、来賓としてではなく篠山市柔道協会会長として出席ですので東中学校会場へ。
 と、言っても、後のスケジュールの関係で開会式のみ出席ですが…(^_^;)
 

 今は縁あって市柔道協会会長ですが、学生時代は空手道をたしなんでおり、昔、この大会にも選手として出たことがあります。
 で、当時ご指導をいただいていた 細見孝志 師範が、大会30回にあたりこれまでの今大会へのご貢献を表され、功労者表彰をお受けになられました。
 細見師範のご指導のおかげで、体の小さな私が勝ち進み、近畿大会に出場できたり、県大会では選手宣誓もできたりしました。

 もう30年近く前の話ですが、今日は当時を懐かしく思いだすとともに、師範の功労者表彰をとてもうれしく、長きにわたり、同じ道を歩み極められた我が師匠を誇りに思いました。
 振り返れば、感謝の気持ちでいっぱいです。
 

 師範同様、本日功労者表彰を受けられたのは次の方々です。
 柔道:泉本俊 様、倉均様、向井宏之様 空手道:大北豊様 剣道:藤田彦二郎様、奥山普茂様、堀毛孝様 少林寺拳法:岸本正様 (剣道・少林寺拳法については、篠山中学校会場にて表彰)

10時~『ささやま通園センターリハビリ棟耐震化整備事業改築工事竣工式』
 こちらは来賓としてお招きいただきました。
 多機能型障害者事業所「ささやま通園センター」のリハビリ棟の耐震化整備事業改築工事がこのほど完成。
 改築と言っても、古い建物を取り壊しての新築。では何故、改築と称するのか?
 設計を担当された設計師さんにその疑問をぶつけると、曰く 「同じ規模で同じ用途であれば、潰して新しく建て直しても建築基準法では、改築という」そうな。
 一つ勉強させていただきました。
 木材をふんだんに使用し、床暖完備の“ぬくもりを文字通り肌で感じることのできる建物”に仕上がっています。
  
 ぬくもりを感じる温かい感謝のカードをいただきました。

11時~『篠山市建築組合第53回定期総会』
 こちらは、10時開会でしたが先の関係で11時頃途中入場。市長代理の副市長がご挨拶中で、ギリギリ私の挨拶時間には間に合いました。
 建築組合さんは、伝統工法の技術継承や、子供たちへ将来の職業として興味を持ってもらおうと木工教室を開催されたり、次世代を見据えた活動を積極的に展開されています。
 これは、国指定の伝建地区が2ヶ所もある篠山市にとって、大変意義あることだと思います。私も、しっかりお手伝いさせていただきたく思います。

13時~『平成25年度篠山市柔道協会定期総会』
 こちらは、私が会長職を仰せつかっています。
 平成24年度関係議案、平成25年度関係議案、何れも滞りなく可決していただきました。
 課題は、柔道をする子供の減少。課題克服のための妙案は、なかなか出てきません。じっくりと課題の原因を見据えた取組みを地道に続けるしか今のところありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。