文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2012年12月

2012年12月17日(月)

衆院選の議席確定

皆さん、こんにちは。
 さて、師走の選挙が終わりました。
 衆議院の議席は、自民党:294議席、民主党:57議席、日本維新の会:54議席、公明党:31議席、みんなの党:18議席、日本未来の党:9議席、共産党:8議席、社民党:2議席、新党大地:1議席、国民新党:1議席、無所属:5議席、で確定しました。

 自民党で単独過半数、自民、公明両党合わせて325議席となり、衆院再可決が可能となる定数の2/3以上を確保しました。

 新聞各紙の見出しは、「民主惨敗」と打ってあります。「自民大勝」とは、文中にあっても見出しにはなっておりません。

 議席数だけで見ると、明らかに「大勝」ですが、自民党が全幅の信頼・支持を得たかと言うと、そうも言えない結果も、また見えてきます。
 比例議席を見るとその一端がうかがえます。
 近畿比例定数29議席の内、維新が10議席、自民党は7議席、公明:4議席、民主:3議席、みんな:2議席、共産:2議席、未来:1議席となっており、維新が比例ではトップとなっています。

 前回民主党が大勝した時は、民主:11議席、自民:9議席、公明: 5議席、共産:3議席、社民:1議席で、おまけに民主は、名簿が足らないという状況でした。

 さらにその前、自民党が本当に大勝した郵政解散時では、自民:11、民主:9議席、公明:4議席、共産:3議席、社民:1議席、日本:1議席でした。

 これらを見ても、今回の結果は民主党のあまりの不甲斐なさと、2大政党制向きの小選挙区制度故になされたもので、3極と言われる維新の躍進からもわかるように、決して自民党が全幅の信頼・支持を回復したということではありません。

 地方議員も含め多くの自民党所属議員は、そのことをひしひしと感じていると思います。
 『決められない民主党』が大ゴケしたように、再び、『変われない自民党』を露呈するようなことがあっては、「次はない」と覚悟しなければなりません。
………………………………………………

 本日は、執行部会議、建設常任委員会、自民党議員団執行部と知事との意見交換会、文教部会等に出席しました。

 知事との意見交換の席上、獣害に関して“カワウ被害”の話が知事から出ましたので、サギ被害についても申しあげておきました。
 また、「ひきこもり対策に農の活用、云々」との話になった時には、「すでに篠山で取組んでいる団体」があるとも伝えておきました。
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。