文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2012年3月

2012年03月07日(水)

「丹波OB大学」「丹波OB大学大学院」修了式

皆さん、こんにちは。

 

 本日は、平成23年度兵庫県地域高齢者大学 「丹波OB大学」「丹波OB大学大学院」修了式に出席させていただきました。

 

 兵庫県では、生涯学習の一環として高齢者に総合的・体系的な学習の機会を提供し、生きがいある充実した生活基盤を確立するための学習の場として、また、長寿社会を担う地域活動の実践者を養成することにより、高齢者の社会参加の推進に寄与することを目的として、高齢者大学を開設しています。

 

 で、丹波地域では、丹波OB大学が開設されており、

 

 『高齢者の方々に生きがいのある充実した生活基盤を確立するための総合的・体系的な学習機会を提供するとともに、地域の特性や課題に対応した地域活動やボランティア活動の実践者を養成する。』 大学講座(4年制) と、 

 

 『4年制高齢者大学の卒業者等を対象に、実践的な社会参加活動について学習することにより、地域活動へ主体的に取り組む意欲を醸成し、地域活動の実践者を養成する。』 地域活動実践講座(2年制) が用意されています。

 

 本日は、OB大学38名、OB大学大学院16名の方々が修了証書を授与されました。

 

 私は祝辞の中で、朝の連ドラ「カーネーション」の話を折り込みながら、少々お話をさせていただきました。

 

 超要約しますと、「皆様がOB大学で学ばれた新しい知識と、これまでの皆様方の人生経験を、うまく織り交ぜながら、子ども達にしっかりと伝えてあげて下さい。その子ども達は、将来きっと、幅のある人間に育ち、当地の礎をより強固なものにしてくれるでしょう。云々」と。

 

 本日は、誠に おめでとうございました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。