文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2012年2月

2012年02月17日(金)

第312回 兵庫県議会開会

皆さん、こんにちは。

 

 本日より3月22日まで、会期35日間の2月定例会が開会しました。

 

 毎年2月議会は、開会に先立ち本会議場で、兵庫芸術文化センター管弦楽団による『兵庫県議会議場コンサート』が行われます。

 今年も、岩村力さんの指揮で、迫力たっぷりがぶり寄りでオーケストラを楽しませていただきました。

 

 2月議会は来年度の予算を審議する重要な本会議です。

 

 知事説明によると、『予算編成にあたっては、第2次行革プランの着実な推進を基本に「選択と集中」を徹底し、県民ニーズに的確に応える施策を重点的に展開する』とされ、(http://www.hyogokengikai.jp/regular/regular04.html)

 

 【新年度の歳入歳出予算】
 一般会計             2兆 159 億 8,100 万円
 特別会計                 9,741 億 2,000 万円余
 公営企業会計歳入           1,536 億 6,900 万円余
 同   歳出                1,779 億 7,900 万円余

 

 という、 平成24年度兵庫県一般会計予算等の予算案件21議案と、受動喫煙の防止等に関する条例、総合治水条例等条例案件21議案、公の施設の指定管理者の指定等事件決議43議案、専決処分の承認1件の合計、86議案が上程されました。

 

 篠山市関係で特徴的なのは、西紀ダム整備のため22億円が計上されています。

 やっとここまで来ました。今から思うと、あの騒動は何だったのかと思います。

 

 議会終了後、議員団文教部会が開かれました。

 今回の部会は、『親の学びについて』と題し、元埼玉県教育長で現 明星大学教授 高橋史朗 先生に御講演いただきました。

 

 「親学(おやがく)」とは、すでに親である方に限らず、これから親になる方に対しても、親とは何か、親に求められることは何かなど、親として学ぶべき大切なことを伝えるものです。(http://oyagaku.org/)

 

 本日の講演で配付された資料の一つを紹介します。今回の文教部会の目的や内容のニュアンスが伝わると思います。

 

【拝啓 ことわざにも、「教育は、家庭の教えで芽を出し、学校の教えで花が咲き、社会の教えで実を結ぶ」とありますので、学校と家庭とは、常にその方向を同じくし、お互いに力を合わせて、l幼い子を社会の悪い風習に染まらせないようにしたいものです。 明治三十一年四月 幡羅高等小学校 (当時この学校から家庭に配られたものです)】 

  

 

 その後、一般質問の打合せ等をして退庁。

 そのまま柏原で行われました、丹波地区自衛隊父兄会主催の自衛隊の皆さんとの交流会に参加させていただきました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。