文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2012年1月

2012年01月18日(水)

ともしびの賞

皆さん、こんにちは。

 

 ともしび賞とは、兵庫県知事が 『地域社会にあって長年にわたりひたむきな努力を続け、地域の文化の向上に貢献して、その活動と功績が著しい個人又は団体を表彰する賞』 です。

 

 このともしび賞を本年度は、丹波焼新進気鋭の若手陶芸家群 『グループ窯』 が受賞されました。

 

 受賞理由は、『永年にわたり丹波立杭焼の技術向上に取り組むとともに丹波焼陶器まつりの開催を通じ地域の魅力を発信するなど地域文化の向上に尽くされました』と、言うもの。

 

 昭和53年に結成され、以降30数年。陶器まつりを始めたのもこの 『グループ窯』 だと聞いております。現在の陶器まつりの活況は、いまさら言うまでもありませんが、この他にも産地振興の実績は多々あります。

 

 昨夜、その祝賀会が歴代メンバーも含めて盛大に開催されました。

 

 在籍メンバーは20代30代ですが、私は彼らの親世代の方々とも、もう20年来懇意にしていただいております。

 

 技術の伝承はもちろんですが、地域への思いや、人のつながり人脈等々も含めて、伝承されていると感じました。

 

 そのお陰で、“丹波焼新進気鋭の若手陶芸家”の輪の中にも、気兼ねすることなく入れてもらう事が出来ます。

 有り難きかな。

 

 彼らは、産地はもとより、篠山の伝統文化の担い手です。

 

 話をしていますと、それぞれに“想い”があるようで、私たちは、そう言った彼らの“想い”に耳を傾け、そのエネルギーを地域の推進力にするため働かねば、と思う次第です。

 

 

 本日は、上宿地区の水路改修等要望箇所現調をして、その後は、事務所で市民の方から相談事を受けました。

 

 明日からは、阪神管内の調査に出かけます。 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。