文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2011年12月

2011年12月16日(金)

本日の常任委員会

皆さん、こんにちは。

 

 本日は文教常任委員会日。

 

 まず最初に、県立高校普通科の通学区域再編等を検討している 『通学区域検討委員会の報告』 についての説明が行われました。

 

 これについては、複数の委員から、複数志願選抜について意見が出されました。

 

 複数志願選抜とは、

 【個性・能力や興味・関心等に応じて1校または2校の高校を志願することができ、第1志望を優先させるために第1志望校には一定の加算点を加えて合否判定を行う。さらに、出願時に「その他校」への入学を希望していれば、第1・2志望校のどちらも不合格の場合でも、総合得点によっては、学区内の定員を充足していない公立高校に合格できる。】

 と、いうもの。

 

 この「その他校」の選択肢が含むであろう問題点への指摘がありました。

 

 新学区案では「阪神・丹波」が同一学区になっており、例えば、臨海部の生徒が第1・2志望校の何れも不合格になった場合、出願時に「その他校」を希望していれば、丹波地域の定員割れの学校に“合格する”という事も十分考えられ、通学時間や通学費等々の負担の問題や、中学校の進路指導においての「その他校」の課題、等々への指摘です。

 

 「その他校」の扱いについては、まだまだ検討する必要があるようです。

 

 その後、閉会中の継続調査事件として 「生涯スポーツ・競技スポーツの振興について」の調査が行われました。

 

 午後は、県公館で開催された 『平成23年度 環境教育実践発表大会』へ行ってきました。

 

 大会冒頭に行われた 『グリーンスクール』の表彰では、篠山小学校の 「オオムラサキが舞い続ける篠山の町へ~オオムラサキ復活プロジェクト~」 と、篠山産業高校の 「地域の緑化活動、交流活動、環境活動に積極的に取り組む」の活動が、表彰されました。

 

 今年の表彰は、県下で11校。

 この内、2校が篠山市内の学校。

 

【知事から表彰状を受けとられました。左:篠山小学校 右:産業高校】 

 

 市内の学校が環境教育にしっかりと取り組んでいただいていること、大変うれしく思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。