文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2011年7月

2011年07月25日(月)

中国高速鉄道事故

皆さん、こんにちは。

 

 台風6号が過ぎて以降、お盆過ぎのような朝夕の涼しさです。

 すごし易くて助かります。

 

 さて本日は、中国の高速鉄道事故について少々。

 

 感想を一言でいえば、色んな意味を含めて、「すごい」。

 

 『特許』問題が出たときに、「遠からず、事故が起きる。その時に、私たち(日本の技術)の責任にされなければいいが…」と懸念する関係者の声が報道されておりました。

 

 で、予想通り『事故』が起きました。

 

 その後の事故処理は、我が国では到底考えつかない方法で進んでいます。

 事故原因の確実な検証などできそうにもありませんし、また、する気もなさそうです。

 

 そうなると次は、「私たち(日本の技術)の責任にされなければいいが…」です。

 そのおみごとな責任転嫁は、国際的には通用しませんが、中国国内向きには通用します。

 政府への批判の矛先を“日本悪玉論”にすり替える。

 これまでの常套句。

 

 この常套句も、「さすがに今回は無理」と思われるかもしれませんが、情報統制の中で、逆に“都市伝説のように”真しやかにnet上に流布すれば、これまでの刷り込み教育のかいもあって、一般大衆にはそれなりの効果を上げるんではないでしょうか。

 

 やっぱり、『すごい国』です。

 このすごい国が、海軍力を増強させ周辺海域へ出てきています。

 

 今の政府で大丈夫か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。