文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2020年6月

2020年06月09日(火)

第349回 定例兵庫県議会(6月議会)、本日開会

本日は第349回 定例兵庫県議会(6月議会)の開会日。会期は、6月17日までの9日間です。

その本会議開会前、朝9時から、自民党議員団今年度の政務調査会活動方針に掲載する写真撮影が行われました。

私は今年度は文教部会長を仰せつかりました。
わが議員団文教部会今年度は、
・「新学習指導要領」及び「ひょうご教育創造プラン」に基づいた教育の推進
ふるさと兵庫の未来を支える人材の育成
・子供たちの学びを支える仕組みの確立

重点項目に掲げ調査研究に取り組みます。

さて、本日の本会議ですが、上程された議案は、議員提出の第12号議案(議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び兵庫県政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例)と、知事から提出された第63号議案(令和2年度兵庫県一般会計補正予算(第2号))の他12議案、専決処分2件。

議員提出の第12号議案は、先日このブログ(6月5日)でも紹介しました「県の新型コロナウイルス感染症対策への協力方策」のため「令和2年6月支給の期末手当を15%削減」と「令和2年7月~令和3年3月の9か月間政務活動費を15%削減」を可能とする条例改正議案です。

第63号議案の補正予算規模は、一般会計で1,120億6,500万円の増額。

知事は提案説明で、この財源として、「国庫支出金は、事業に伴う補助金に加え、感染症拡大防止、地域経済や住民生活の支援などに柔軟に活用できる『新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金』、緊急に必要な医療提供・検査体制の整備など新型コロナ対策に活用できる『新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金』などです。特定財源は、休業要請事業者への経営継続支援事業の拡充に伴う市町受託費収入などです。地方負担額は、特別交付税で対応します。」と。

本日表決が行われたのは第63号議案のみで、全会一致で可決されました。知事提出議案に関しては、後日各常任委員会に審査が付託され、閉会日に表決が行われます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。