文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2020年6月

2020年06月05日(金)

兵庫県議会 県の新型コロナウイルス感染症対策への協力方策

本日は、自民党議員団総会が開かれました。

総会では、本日開かれた「各会派代表者会議」の結果報告も行われ、「県の新型コロナウイルス感染症対策への協力方策」について、議会としての協力内容がほぼ固まったとの報告も。

これは、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響を踏まえ、県議会として、期末手当の削減等により「この相当額を、新型コロナウイルス感染症対策に充てる」との方向で、先日来、その内容が各会派内で検討されていたものです。

本日の代表者会議で、各会派からの意見等を踏まえた「議長案」が提示され、了承されたとのことです。

その内容は、
・令和2年6月支給の期末手当を15%削減で、約2,800万円。
・令和2年7月~令和3年3月の9か月間政務活動費を15%削減で、約5,200万円。
・議会費(議会運営費等)の削減で、約2,000万円。

削減総額約1億円。

この約1億円の議会費削減を行い、県議会として「この相当額を、新型コロナウイルス感染症対策の充てることを知事に要請する」こととなりました。

期末手当の削減等については、「議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例」また「兵庫県政務活動費の交付に関する条例」の一部を改正する必要があるため、これらの改正案が6月議会開会日(6月9日)の本会議に上程され、可決される見通しです。

総会終了後には、「新型コロナウイルス感染症対策に対応した避難所運営ガイドラインの策定について」当局より説明を受けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA