文字サイズ変更

事務所からのお知らせ

2020年04月20日(月)

料飲店等期限付酒類小売業免許の活用について

新型コロナウイルス感染症に関連する対応として、国税庁が飲食店等を対象に、料飲店等期限付酒類小売業免許を設けました。
飲食店において、お酒のテイクアウト販売が可能となる免許です。

今般の新型コロナウイルス感染症に関連して飲食業界は深刻な影響を受けております。店内飲食からテイクアウト販売に切り替える飲食店が増えていますが、提供メニューの内容や量、販売時間帯に制約があり、売上高の確保に限界があります。

そうした中、料理等のテイクアウト提供に営業形態を切り替える事業者に対し、国税庁が「料飲店等期限付酒類小売業免許」を設け、飲酒店等の酒類小売業免許取得の簡素化・迅速化を図ることで、支援を行っています。

酒米と日本酒の振興を図る兵庫県議会自由民主党酒米日本酒振興議員連盟といたしましても、この料飲店等期限付酒類小売業免許について県下の料飲店等に広く周知し、活用してもらうことを通じて、日本酒消費による酒造会社および酒米生産農家の支援に繋げたく、関係各位に働きかけを行っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA