文字サイズ変更

事務所からのお知らせ

2020年04月15日(水)

臨時県議会開催予定

令和2年度国補正予算の閣議決定(令和2年4月7日)を踏まえ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、早期に収束させるとともに、感染拡大の影響により甚大な影響を受けている本県経済を強力に支援し、感染症収束後における本県経済の早急な回復を図るため、国の補正予算による財源措置等を活用した補正予算が編成されます。

その効果を早期に発現させるため、6月定例県議会に先立ち、臨時県議会が4月24日(金)に招集される見込みです。

 

補正予算の概要(精査中)
(1)感染拡大防止対策の強化と医療・検査体制の充実
○マスク等衛生資材の確保と感染拡大防止対策の強化
・社会福祉施設等の衛生管理体制の強化
(マスク等の購入・消毒経費、個室化改修を支援)
・介護施設への簡易陰圧装置等の設置支援
・介護ロボット導入支援の拡充
○検査体制及び医療提供体制の強化
・PCR 検査の病院等への外部委託に伴う保険適用された自己負担分の公費負担
・入院医療体制の強化
(新たに入院病床を確保した医療機関への空床補償の拡充、人工呼吸器、簡易陰圧装置等の追加整備、新型コロナウイルス入院コーディネートセンター体制の強化等)
・無症状患者及び軽症患者の入院以外への対応
(宿泊施設の借上げ、宿泊施設の療養患者の健康管理体制の整備等)
・感染症患者の入院医療費の公費負担
○情報発信や相談体制の充実
・県広報の充実・強化
(知事会見への手話通訳士の導入、県広報誌の臨時発行等)
・県民相談窓口の体制強化
・心のケアを実施する相談員を精神保健センターに配置
・外出自粛要請の効果の調査 等
○学校の臨時休業等を円滑に進めるための環境整備
・放課後等デイサービス利用者負担分等の支援
・SNS悩み相談窓口の休校期間中の相談受付時間の拡充
○遠隔教育、テレワーク等の推進
・県立高校、特別支援学校、県立大学等への Web カメラ等の導入による遠隔学習の支援
・テレワークの環境整備

(2)地域産業・県民生活への支援
○雇用の維持・企業の事業継続支援
・休業要請業種に対する対策の検討
・内定取消者等の就職促進のための職業訓練の拡充
○農林水産物の需要喚起・事業継続支援
・神戸ビーフ・但馬牛の消費拡大に向けたキャンペーンの実施
・美しい村づくり・豊かな海づくり資金の拡充
(新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農業者・水産加工業者等を貸付利率の無利子化等の対象者に追加)
○生活に困っている世帯や個人への支援
・生活福祉資金の拡充
・国民健康保険の傷病手当支給費用の措置
・高校生等奨学給付金(公立・私立)
(家計急変により収入が激減した世帯に対して給付金を給付)
・高校生等授業料の軽減(公立・私立)
(家計急変により収入が激減した世帯に対して授業料軽減を実施)
○税制措置による支援
・徴収の猶予制度の特例(原則全税目)
・環境性能割の税率の臨時的軽減の延長

(3)中小企業への運転資金等支援
○新型コロナウイルス特別支援貸付(利子・保証料の軽減)の新設
(制度創設に伴い、制度融資目標額を 3,600 億円から引上げ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA