文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2019年5月

2019年05月31日(金)

丹波篠山愛育会

本日(5月31日)は、『丹波篠山市愛育会』の総会。

愛育会とは、愛育班として身近な地区内で、ひとり暮らしの高齢者宅を訪問する「声かけ訪問」や子供達の「見守り」活動等を中心に、健康づくりや地域の絆づくりを目指される団体です。

兵庫県愛育連合会は昭和58年に設立されました。丹波篠山の愛育会は、昭和62年に多紀郡愛育連合会として設立され、以降今日まで熱心にその活動に取組まれてきました。この間、国や県からの表彰も数多く受けられています。

現在市内には10の愛育班があり、約300名の班員さんが活動されています。
対象世帯は約5,000世帯。平成30年度の声掛け訪問実績は34,628件。

少子高齢化、過疎化が進む当地域では、大変意義のある、また、必要不可欠なボランティア活動の1つです。

この様にこれからの地域社会では、ますますその存在意義が高まる愛育活動ですが、残念なことに近年会員数の減少等で活動休止を余儀なくされる班がでる等、課題もあります。

愛育班の活動は、愛育班が無くなっても誰かがしなければならない、今後大いに必要とされる活動です。

これからの時代は、「自分たちでできる事は自分たちでやる」との思いが地域振興の礎になります。「地方創生」「地域創生」の根源は、ここに集約されると思います。

愛育会会員皆様の日々のご尽力に、心から敬意を表し、深く感謝を申し上げる次第です。
私もその活動意義を各方面で紹介しつつ、微力ながら応援させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。