文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2019年2月

2019年02月06日(水)

ひょうご地域安全まちづくりセミナー

本日(2月6日)は、「平成30年度ひょうご地域安全まちづくりセミナー」に出席させていただきました。

当会には県下各地から、まちづくり防犯グループ、自治会、防犯協会等の皆様方がお集まり。

皆様方には日頃から、防犯パトロールや子供の登下校時等の見守り活動など、安全で安心な兵庫の実現に向けて、各地の地域実情に応じた活動を展開していただいてます。

皆様方の日々のご尽力と、とりわけ本日「地域安全まちづくり活動賞」を受賞された皆様の多年にわたる献身的な防犯活動に対して、心から敬意を表し、感謝申し上げる次第です。

さて、県警の犯罪抑止の取組みと皆様方のご尽力により、県内の刑法犯認知件数は、平成14年に戦後最多の16万件余り(164,445件)を記録して以降、16年連続で減少し、平成30年には44,238件と、平成14年に比べ70%以上減少しております。

被害が増加傾向にあった振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺被害件数は、平成30年は724件と前年より減少しました。しかし、被害額は約17億6千万円と8年連続で10億円を超えたということです。

これについては犯罪の手口も複雑化しているということで、さらなる対策が求められています。

また、本日は、「犯罪から自分を守ろう」ポスターコンクール入賞の小学生の皆さんも出席されました。

このコンクールは、子供たち自らが「自分の身は自分で守る」という防犯意識の向上を目的に実施されていますが、明日の兵庫の安全・安心担う子供達が、地域安全まちづくりの啓発や活動に取り組まれていることは、誠に心強い限りです。

入賞作品を原画としたカレンダーも制作されていると聞いていますが、一人でも多くの人の目にとまり、防犯意識の向上につながることを期待しています。

我々県議会としても、若い世代の参画のもと、県民の皆様、各種団体の皆様とともに力をあわせて、安全で安心して暮らすことのできる兵庫県づくりに全力を尽くしてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。