文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年12月

2018年12月13日(木)

2018 ひょうご文化交流のつどい

本日(12月13日)の本会議も付託議案審査のため休会。私に属する文教常任委員会については、昨日審査を終えています。

本日の主な公務としては、「2018 ひょうご文化交流のつどい」への出席。

この交流のつどいは、兵庫県芸術文化協会の主催で毎年12月に開催されるもので、芸術・文化の分野で活躍する人々が一堂に会されます。今年も500名以上の皆さんが参加されて盛大に開催されました。

式中、芸術の分野で優れた業績をあげ、今後一層の活躍が期待される新進から中堅の芸術家の皆さんに贈られる「兵庫県芸術奨励賞」の贈呈式も行われ、今年は4名(平成30年度受賞者)の皆さんが受賞されました。

栄えある「兵庫県芸術奨励賞」を受賞されました皆様、本日は誠におめでとうございます。これまでのご努力に敬意を表しますとともに、今後一層のご活躍を期待しております。

さて、人口減少社会において地域の活力を維持していくためには、地域の将来を考え、地域とともに歩む人々の存在が不可欠です。「ふるさと」への想いが地域を支え、未来を切り拓く力となります。そのためにも「ふるさと意識」に根ざした兵庫の文化をしっかり継承していかなければなりません。

本日お集まりの皆様におかれましては、兵庫の素晴らしい文化を次代に伝えていくため、引き続きご尽力いただきますとともに、芸術文化立県“ひょうご”の実現に向けて、より一層のご活躍を頂きますようお願い申し上げます。県議会といたしましても県民が夢と希望を持てる兵庫県づくりに全力を尽くして参りますので引き続きご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。