文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2009年8月

2009年08月31日(月)

自由と責任

皆さん、こんにちは。
 8月も今日で終わり。熱い選挙も終わり、“夏”が去る一抹の寂しさを感じます。

 総選挙の結果が出ました。民主党308議席に対して、自民党119議席。世の中大きく動きましたね。
 物事が成功するか否かは『段取り9割』と言われるくらい、準備が重要です。民主党のスローガン『政権交代準備完了』は、昨日まで。今日からは『交代始め』の号令下、政権交代が具体のものとなります。今日から『責任』が付きまといます。さあ、これまでの準備のほどは。
 世間は、期待と不安で、“ワクワク・ドキドキ”。

 マニフェストによると、民主党も自民党も『地方が自由に使えるお金』を出すとしています。いわゆる“ひも”の付いていないお金。民主党政権では『一括交付金』として。
 『自由に使えるお金』は、どこの自治体もほしいでしょう。しかし、『自由なお金』を無駄なく、より効果的に使おうとすると、相当の経営能力が必要とされます。
 『自由』に対して『責任』が明確となり、その成果が芳しくなかったとき、首長は経営者として、その経営的責任を厳しく負わなければなりません。
 『自由に使えるお金』の額や範囲にもよりますが、首長の経営能力によって地域間の差が顕著になるかもしれません。

 国も地方も『誰がなってもおんなじや』的政治が転換期を迎えたと言うことでしょうか。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。