文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2010年8月

2010年08月28日(土)

地方の時代、篠山の時代。

皆さん、こんにちは。
 昨夜は、神戸で『篠山会』が開かれました。篠山出身、もしくは篠山に縁ある元・現県職員等で構成される『篠山会』。
 今年も、来賓として、篠山市から酒井市長、河南市議会議長、吉田副議長、河南教育長と市幹部職員の皆さんにご参加いただきました。また、今年は伊藤県民局長も同席いただきました。
 『これからは、篠山の時代』。この合言葉のもとに、多いに交流を深めることが出来ました。
 例年通り締めは♪デカンショ♪。
 ただ、例年と大きく違う点が一つ。
 今年のデカンショ節は、吉田副議長による正調♪。
 吉田副議長は、デカンショ祭り地方の一人で、過日の本番でも櫓の上で、その喉を披露されました。
 正調節♪に聞き惚れながら、大いに盛り上がりました。
 
 
 また、昨日、大阪では、関西各府県知事や財界関係者等が出席し『分権改革推進本部 第6回 本部会議』が行われました。
 関西広域連合設立に向けて、関係各知事がそれぞれの状況等を説明する重要な会議です。
 資料等によりますと、
・規約案、設立案は、原案通りで了解された。
・議案上程時期については、基本的には、足並みを揃えて、規約案等の議案を9月議会に提出できるよう努力していくことで一致した。
  ただ、一部府県においては、議会とのさらなる調整を要するので、基本姿勢を踏まえつつ、努力したいとの意思表示があった。
 
 等々。

 
 9月議会上程には、各府県が足並みをそろえる事が前提になっております。
 現行制度の中、地方主体で分権の受け皿を目指すのが『関西広域連合』。
 スピード感=危機感。
 “地方主体”の本気度を示さなければなりません。

 

 で、本日の活動は、花みずき台の“夏祭り”等にお邪魔してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。