文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2017年1月

2017年01月24日(火)

1月24日 潜水艦『はくりゅう』に乗艦

皆さん、こんにちは。

 今朝のwalkingは、バリバリの雪で歩きにくい歩きにくい(@_@;)
16114689_1245563218869406_7017060081145688632_n 16174822_1245563555536039_5218457740215926102_n
 倍時間がかかりました。2.74km、51分44秒。

 さて本日は、そんな雪の山国から海の上へ。

 兵庫県議会防衛議員連盟で海上自衛隊阪神基地隊を訪ね、潜水艦『はくりゅう』に乗艦させていただきました。
16265857_1245935992165462_5694200615830477514_n 16195462_1245935932165468_242048587706103095_n
 基準排水量 2950ton 全長 84m 最大幅 9.1m 速力 水中20kt 主要装備 水中発射管一式 推進方式 ディーゼル・スターリング電気推進 乗員 約65名
16143065_1245935962165465_174103899797798652_n 16142314_1245935945498800_4873353818774726513_n
 この「はくりゅう」は、平成23年に就役した、スターリングエンジン搭載の非大気依存推進(AIP)潜水艦。
 スターリングエンジンというのは、シリンダー内のヘリウムガスを外部から加熱・冷却し、その体積の変化によってピストン運動を起こす仕組みの外燃機関です。
 車のエンジンのように燃料を爆発させるものではないので、かなり静かとのこと。
 兎に角、潜水艦は静粛性が重要。
 相手に察知されないように、艦内では、わずかな物音、生活音にも大変気を配られています。
 とは言え、スターリングエンジンでもピストンが動く音は出ます。将来的には、燃料電池がベストということでしたが、今のところ、水素の貯蔵方法にまだまだ課題があるようです。

 今回艦内を案内していただきましたが、当然のことながら狭い。
 この限られた空間の中で、長い時には1か月以上も生活されるとのこと。

 また、出航日、任務の期間、帰港日、等々は、家族にさえ秘密とのこと。
 「ある日出勤したまま、しばらく帰ってこない」という状況では、留守を預かるご家族も大変だと思います。

 これらを想像しただけで、乗組員の皆さんが心身ともに鍛え上げられた精鋭ということがわかります。
 その証明が、胸に輝くドルフィンバッチ。
16298774_1238530712893553_4644794756275296795_n

 あらためて「潜水艦乗り」の皆さんやそのご家族に敬意を表する次第です。
 今後とも“海の固め”よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。