文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2016年11月

2016年11月19日(土)

11月19日 安全・安心なささやまをつくる ‼

皆さん、こんにちは。

 今朝は雨だったので、歩きに。4.15kmを1時間弱で。

 さて本日は、「第18回『安全・安心なささやまをつくる』市民の集い」に出席させていただきました。
received_812791565489968

 この会は、篠山市・篠山防犯協会・篠山交通安全協会・篠山警察署の主催で、“犯罪や交通事故のない明るく住みよいまちづくり”を目的に開催されています。

 大会のスローガンは・・・
 ・『地域安全防犯活動』
 ・『振り込め詐欺撲滅』
 ・『ストップ・ザ・交通事故』
 ・『暴力追放』

 挨拶に立たれた 日高 篠山警察署長が、篠山市内の治安状況等についてご報告されました。
 それによると・・・
・ 篠山市には暴力団事務所はない。今後も作らせてはいけない。
・ 刑法犯は、11月18日現在で336件。昨年同期より増えている。
 その原因は、タイヤ泥棒の増加、空き巣・車上狙いの増加による。
・ 交通事故は、10月末日現在で人身事故139件、死者2名、重傷者16名。
   篠山市の事故の特徴として、“わき見”等による安全確認不足によるものが多い。
 と。

 また式中、安全・安心のまちづくりにおいて、各分野でご尽力いただいた団体や個人の表彰、伝達が行われました。

 市長から篠山署の警察官へ贈られる「篠山市民の警察官賞」には、警務課の町元秀幸警部補、地域課の藤田裕之警部補の両名が受賞されました。

 篠山防犯功労賞は、味間地域防犯推進協議会さんが。
 また、全国防犯協会連合会防犯功労者表彰、兵庫県防犯協会連合会防犯功労者表彰、さらには、優良自動車運転者表彰、交通安全ポスター表彰、等々も行われました。

 それぞれ、受賞、表彰されました皆様方、本当におめでとうございました!(^^)!

 安全安心なまちづくりは、官民それぞれがそれぞれの立場でしっかりと、その役割を果たしていかなければなりません。

 「市民と関係機関が一つとなり、スクラムを組んで展開し『安全・安心なささやまをつくる』」と大会宣言で幕を閉じました。

 私もしっかりと、その一員としてスクラムを組みたいと思います。

 では明日から、2泊3日で沖縄県へ調査に行ってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。