文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2010年7月

2010年07月23日(金)

警察常任委員会管内調査(阪神地区)

皆さん、こんにちは。

 まさに、『梅雨明け十日』『大暑』の言葉通り、梅雨明けから雨の日は無く、毎日酷暑が続いております。

 

 昨日今日は、警察常任委員会管内調査に出ておりました。、“警察”と冠が付いているだけに、調査先は、警察署やその関連施設等ということになります。

 今回訪ねた警察署は、葺合署、神戸水上署、尼崎南署、川西署の4か所。

 すべて都市部にあり、様々な事件事故が多頻度で発生する地域でもありますが、県民の安全安心確保のため、大変な酷暑の中、署員の皆さんは勤務に精励されておりました。

 葺合署や尼崎南署は、築40年を過ぎ、だいぶ老朽化が目立っており、バリアフリーどころか、4階建ての葺合署には、エレベーターがなく、また、尼崎南署では、古いクーラーの音がやかましく、質疑の声が聞こえないほどでした。

  

“特捜最前線”を思い出させる、尼崎南署の取り調べ室。左の小窓がマジックミラー。

 

 神戸水上署。水上署とは、主に沿岸部を管轄する警察署で、神戸の他国内には4ヶ所あります。神戸水上署の管轄区域は、陸上面は、ポートアイランドや神戸空港島と対岸の中央区の一部。水上面は、神戸港と神戸市沿海となっています。因みに六甲アイランドは、東灘署管轄だそうです。更に因みに、ここは女性の署長さんでした。

 

 署以外の調査先としては、警察学校、交通機動隊、航空隊に行ってきました。

 

 警察学校では、《雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち》、更には強い精神力を養うための訓練の様子を見せてもらいました。

 盾を持たせてもらいましたが、結構な重さで、この酷暑の中、これをもって走っている学生を見ているだけで、私達の方がひっくり返りそうでした。

 

 交通機動隊では、篠山ABCマラソンでも先導でお世話になっている、“白バイ”の訓練を見せていただきました。

 本来の白バイの他に、トライアル車の技やオフロード車による未舗装走行等も見せてもらいました。

   

 昨年の『全国白バイ安全運転競技大会』において、兵庫県警は、団体総合一部で第7位、更に、個人女性の部では、大辻巡査長が優勝されています。

 後ろに付かれたら、観念するしかないでしょう。

 

 航空隊では、2機のヘリコプターの主な活動を調査しました。

 ビデオでですが、三田市内を無免許運転で逃走するトラックを上空から追跡する映像を見せてもらいました。アメリカ張りの映像の中に、知っている道が映っているので、ついついのめり込んでしまいましたが、身近で起こっていることにビックリしました。

 

 本日は、尼崎の火災現場の上空から、映像や付近の模様を報告されていました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。