文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2015年11月

2015年11月18日(水)

11月18日 本日の警察常任委員会

皆さん、こんにちは。

 本日はまず、監査委員の委員会議に出席。
 監査報告書(案)等について協議しました。

 その後、警察常任委員会に。
 本日の委員会は、NET中継日でした。
 兵庫県議会には、7つの常任委員会がありますが、放送設備等の関係で1つの委員会の模様しかNET中継はできません。
 
【11月18日(水)警察常任委員会 録画配信】☚ここをクリック!!

 本日の委員会では、冒頭の諸報告の中で、交通違反事件の捜査書類をめぐり警察官78人が処分された問題について、監察官から報告がありました。
 事件の内容につきましては、交通違反の取締りにおいて、書類作成時に内規違反を犯したものです。

 報告後の質疑において、私からは 「葺合署、東灘署、高速隊で発生したとなっているが、その3署の他にはなかった、しっかりとした確認はできているのか? また、不正が行われていた期間が長いもので5年に及んでいるが、なぜ長期間、この不正を見抜けなかったのか?」
 と質しました。

 このやりとりについては、録画配信を見ていただくとよくわかると思います。

 ここのところ、盗撮等々、警察官の不祥事が続いています。県民の信頼があっての警察組織です。
 さらなる綱紀粛正を強く要望しておきました。

 で、本日の継続調査事件は、タイミングが良いのか悪いのか 『県民の理解と協力の確保』について。
・ 県民の声を『聴く』活動の推進
・ 県民に『知らせる』活動の推進
・ 被害者を『支える』活動の推進
 について調査を行いました。

 県民の声を『聴く』活動の推進のなかで、警察署協議会からの答申等を反映した施策の事例として、篠山署の「消防団との行方不明者等手配に関する協定の締結」が紹介されました。

 これは、「行方不明者事案の情報発信に市内消防団員のメール配信システムを活用してはどうか」との提案を受け、篠山市消防団と篠山署の間で「消防団との行方不明者等手配に関する協定」を締結し、行方不明者事案発生時の早期発見に向け、消防団員への必要事項をメール送信するシステムを構築したというものです。

 また、警察何でも電話相談「♯9110」番や各種相談窓口について、その利用促進を図る活動についても説明がありました。

 これは、年間30数万件もかかる110番において、そのうち緊急性の低いものが6万6千件もあることへの対応です。

 ぜひ皆さんも、何でもかんでもまず110番ではなく、緊急性の低いものや相談等は「♯9110」か、市内の方でしたら 552-0110 へお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。