文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2015年3月

2015年03月07日(土)

3月7日 丹波の森 夢会議

皆さん、こんにちは。

 本日午前中は後川地区での県政懇談会。当地区では、午前10時開会とさせていただきました。
 
 治山ダムの堆積土砂撤去、後川峠への融雪機設置、県道側溝の堆積土砂撤去、等々のご要望と、山の荒廃対策や担い手対策、等々について意見交換を行いました。

 休日の午前中にもかかわりませず、多くの皆さんにお越しいただきました。
 ありがとうございました。 

 懇談会終了後、急ぎ丹波の森公苑へ。午後1時からの『平成26年度 丹波の森夢会議』に出席させていただきました。

 兵庫県では、住民の参画と協働による地域づくりを進めるため、各県民局毎にそれぞれの地域の将来像とその実現方策を取りまとめた地域ビジョンを策定し、当丹波地域では「みんなで丹波の森」としてまとめています。
 この実践の場、ビジョンの実現の場として、「丹波地域ビジョン委員会」を設置し、住民から公募で選ばれた方々がビジョン委員に就任されています。
 で、現在は第7期のビジョン委員さんが活動されています。

 本日は、各グループによる次のような実践活動報告が行われました。
・ 新たな地域資源の掘り起こしによるコミュニティービジネスへの挑戦 
・ 里山環境を利用した交流事業等による移住・定住の促進活動
・ 有機農業を活かしての地域おこし
・ 高齢者の生きがいづくり活動
・ ひきこもり、不登校の当事者、家族を支える活動
・ 地域の若者と中高生との交流を通して青少年育成活動

 『地方創生』の本質は、地方・地域が、特に基礎自治体が、自らしっかりとした経営理念・方針を打ち出し、それに基づき何に投資するかを考え企画する事にあります。
 つまり、その地域の経営手腕が問われることになります。

 地域を会社に例えるなら、『地方創生』は、融資を活用しての経営立て直し。
 経営陣も総務部も営業部も製造部も一丸となって取り組まなければなりません。
 これはまさしく『参画と協働』です。

 夜は、兵庫県薬剤師会摂丹支部の講習会が開かれましたので、その講習会前に、兵庫県薬剤師連盟からの統一地方選挙推薦候補として、ご挨拶をさせていただきました。

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。