文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2014年5月

2014年05月30日(金)

5月30日 恩師の前で

皆さん、こんにちは。

 今日も一日真夏のような暑さでした。
 そんな本日はまず、『兵庫県退職公務員連盟篠山支部』の総会に出席させていただきました。
 この会は、「退職公務員の恩給、年金等の増額改善を促進し、既得権を確保して会員の福祉増進と研修、親睦を図るを以って目的とする(規約から)」団体。
 よって会員さんはほぼ、元学校の先生方です。
 私は当会の顧問を務めさせていただいておりますが、社会保障と税の一体改革が進む中、目的の前半部分は大変厳しい状況と言わざるを得ません。

 本日は来賓挨拶のみならず、有難いことに記念講演として 「私たちのくらしと県政」という題で、県政報告の時間を1時間程いただきました。
 
 先程も書きましたが、会場はほぼ元先生。私の恩師の姿もチラホラ。
 恩師の前で話をするというのはいささか緊張しますが、そこは終始、可愛い教え子(?)を見守るという温かい笑顔で聞いてていただきけたので随分助かりました。

 話の内容は、先般丹波田園交響ホールで行いました県政報告の要約版に、元先生方が聞き手ということで、十八番の「犬のお父さん、おかしくないですか?」をプラス。
 まだゆっくりと感想は伺ってはいませんが、さてどのように伝わったのでしょうか。

 続いては、篠山・丹波両市の市長・市議会議長・企画部長、丹波県民局幹部職員、両市選出の県会議員が一堂に会して各々の本年度主要事業等について意見交換等を行う 『丹波地域政策懇話会』に出席。

 まず、丹波県民局・篠山市・丹波市の主要事業概要について説明が行われました。
 その後、意見交換へ。
 篠山市からは「地域の多様な(農業)担い手への支援について」「企業誘致の促進について」「篠山市の“創造農村”の取組みと県の積極的な支援について」等が、丹波市からは「空き家対策について」「ふるさと起業支援“丹波チャレンジカフェ”について」等がテーマとして挙げられました。

 今回資料として提出のあった丹波市の「平成26年度丹波市予算ガイド」。
 市民にとってかなり見やすく、かつ、分かりやすくまとめてありました。
 
 伝え方は、やはり何より重要とつくづく感じた次第です。

 この後懇親会へ。
 丹波地域の明日を考える同志故、言いたいことを言いながら、おおいに盛り上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。