文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2014年2月

2014年02月22日(土)

2月22日 篠山東雲高校卒業式

皆さん、こんにちは。

 本日、兵庫県立篠山東雲高等学校の第3回卒業証書授与式が行われました。
 この卒業式、県立高校では最も早く、しかも土曜日開催。

 地域に根ざした小規模校故、校長先生のご配慮があったのかもしれません。
 そのお陰か、保護者・地域の皆さんの出席も平日開催に比べると多かったように思います。
 篠山東雲高校は、県立高等学校教育改革第2次実施計画において、「小規模校として存続するか本校へ統合するか」が議論された県内4分校のなかで唯一、小規模校として存続が決まり、平成23年4月1日に単独校として新たな歩みを始めました。

 そこに至るまでには、地元を支えてこられた多くの卒業生の皆さん、また地域の皆さん、歴代学校関係の皆さん等々、多くの方々のご尽力があったと思います。

 本日めでたく卒業を迎えた31名は、多くの思いを受けて歩みだした単独校としての最初の入学生でもあり、送り出す先生方、地域の皆さんの思いもひとしおだと思います。

 春からは、それぞれの道に進んでいきますが、おおいに頑張っていただき、今度は母校をしっかりと外から支えてもらいたいと思います。
  

 丹後 校長先生が式辞の中で、卒業生達に「笑う門には福来る」の言葉を贈られ、お得意の狂言で、それを表現されました。
 心のこもった式辞でした。

 本日はおめでとうございました。
 卒業生諸君の前途に幸多からんことを !(^^)! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。