文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2010年5月

2010年05月02日(日)

反省と反正

皆さん、こんにちは。
 爽やかな季節と言うと、皐月。さわやかな五月晴れのもと、5月が始まりました。

 が、市役所は爽やかどころか、ドロドロした汚職事件の報道で5月を迎えることになってしまいました。
 この際、膿は出し切って、根っこから引き抜かなければなりません。

 先月29日、(社)実践倫理宏正会の創立64周年記念朝起会で『「反正」なき「反省」は心と時間の無駄』という倫風宏話を聞かせてもらいました。
 辞書では、
 「反正」【正しい状態にかえすこと。また、正しい状態にかえること。】
 「反省」【自分の行いを省みること。】と、出ています。
 お話の趣旨は、『反省に基づいて実際に間違いを改める「反正」をしなければ意味がない』と言うことです。「反省」だけなら、サルでもできる。

 地位を利用して、不当な利益を貪る。兵庫県でも、神戸市でも、似たような事件が報道されています。
 組織としての「反省」も「反正」につなげなければ何も変わりません。
 また、この手の事件は政治の世界でも、ちょくちょく出てきます。その度に、個々の「反省の弁」の繰り返しでした。
 今の政治に求められているのは、「反正」への強力な牽引力ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。