文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2010年5月

2010年05月15日(土)

ささやま医療センター

皆さん、こんにちは。
 本日、五月晴れの下、兵庫医科大学『ささやま医療センター』竣工祝賀会が開かれました。

22515-1
【晴天の下、新病棟】

 県議になって最初の大問題はこの病院の存続問題。市長も私も、ある意味政治生命を賭けての取り組みでした。
 内覧会で真新しい病棟、病室、手術室等々の施設・設備を見学させていただくと、実に感慨深いものがありました。

22515-2 22515-3
【手術室と病室】
22515-5 22515-4
【MRI室等】

 振り返りますと、県議として、この3年間は、兵庫医大篠山病院存続問題から始まり、厳しい財政状況の中で、県民局存続問題、分校存続問題、田園交響ホール存続問題など、“残す”仕事ばかりが先行していたように思います。これからは……

 篠山は、命の源である“食物”の生産地。農都宣言にもみられるように、農業を基幹産業としています。また、篠山には、その命(人)をより豊かにする“自然”や“伝統文化”があります。
 今日、命の源を産み出し、より豊かに育む篠山の地に、その命を守る拠点が、新しく生まれました。
 “命を育て、より豊かにし、しっかりと守れる”この環境。これを活かし伸ばしていくと、その先には、きっと人が集まってくる。
 今日の青空を見ておりますと、すこぶる希望を感じました。

 市民も、行政も、“残ってよかった”“後は勝手にやっといて”で終わるのではなく、“残ったものの価値・意味”をみんなが責任をもって、しっかり活かす。
 これからが本当の仕事です。本当に残さなければならないものは、“人を残す”。“伝統文化を残す”。“ふるさとを残す”。
 誰にか?私たちの子孫にです。
『行動は明日のために~力強いふるさとづくり~』

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。