文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2008年3月

2008年03月30日(日)

道の流れ

皆さん、今日は。
 本日は3月30日。昨年の今日は告示日でした。去年のスケジュール帳を見ますと『30日告示』とあり、後は『4月8日投票日』まで、何も書いてありません。去年この9日間は、仲間が連日深夜までかかって作り上げてくれた『選挙戦9日間のスケジュール』通りに活動しました。何を思い出しても『感謝、感謝』です。
 来月13日は、篠山市議会議員選挙の告示日です。20の議席に23~4名の立候補がある様に聞いています。その中には、昨年大変お世話になった方々もおられます。今年は報恩報謝です。
 さて、去る27日、福田首相が『道路特定財源のH21年度からの全額一般財源化』等を柱とした新提案を発表されました。その後、道路関連を除いた租税特別措置法改正案の期限を5月末まで延長する「つなぎ法案」での与野党合意により、ガソリンの値下がりは確定しました。が、首相は「暫定税率は維持」と表明されており、再値上げと言う事も有り。
 会社経営者の立場からすると、このところの原料費の値上がりは、企業努力の域を完全に超える深刻な問題です。今の生産活動において、燃料なしでは成り立ちません。燃料の価格は根源に反映します。農業も、漁業も今や機械なしでは成り立ちません。道路を造るにも機械なしでは成り立ちません。燃料価格は根源に反映されます。道路特定財源の使途については、問題な点も多々あると思います。全国知事会などが、暫定税率堅持を訴えてきておりましたが、現実的な対応を考えなければならない状況にあると思います。流れを左右する大きな力の根源はどこにあるのか、しっかりと見定めなければなりません。
 道路と言いますと、この27,28日、名古屋に行って来ました。今回は新名神を通って行ってきました。去る2月23日に開通した草津上田IC~亀山JCTまでの約50キロです。この区間を使えば、従来の名神高速利用より篠山~名古屋間が20分ぐらい短縮されます。新しい道は快適でしたし、途中の土山SAは上下線集約型SAで、凄い集客でした。この沿線地域にとっては、新しい商圏の創出にもなっていると思います。しかし、考えてみれば新名神開通によって、従来名神のこの区間交通量は、かなり減る様な気がします。特に冬季雪事情も考えると、米原や関ヶ原を通らなくても、中部関東方面に行けるのですから。周辺SA の売上げは、かなり減りそうな気がします。バイパスの開通により商店街が廃れ、商圏が変わるのとある意味同じかもしれません。まさしく『流れが変わる』です。

OmiOdori_bridge
【 近江大鳥橋(新名神高速道路)】

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。