活動報告ブログ

2008年4月12日

篠山市の懸案課題

皆さん、今日は。
 丹波篠山の桜は、まだまだ見頃です。今日も朝、篠山城周辺を散歩しましたが、この時期は特に『美しき丹波篠山に生まれて良かった』と思います。この思いを子どもたちにも伝えたくて、出来るだけ朝の散歩には連れて行くようにしています。空気の澄んでいる朝は、城周辺がほのかな桜の香りでいっぱいです。
 この1週間は、入学式ウィークでした。火曜日は午前中に篠山小学校、午後に篠山鳳鳴高校。水曜日に篠山中学校。木曜には篠山幼稚園でした。幼稚園の入園式にはお父さんの姿も多く、小学校でも夫婦の参加が多かったです。中学校になると幾分父親の姿は少ない様に思いましたし、高校では、ほとんど無かった様に思います。その辺りが現在の父親参加分岐点の様です。
 篠山市では幼稚園、小学校、中学校のいずれも、生徒の数が年々減少しており、それに伴う統廃合等の課題があります。同じように高校でも、県立高等学校教育改革第二次実施計画におきます適正配置等の課題もあります。
 また、篠山市の現在抱える大きな課題としては、第一に本県同様、財政再建と篠山再生計画策定。次には、地域医療の確保対策(兵庫医大篠山病院の存続問題)ではないかと思います。
 財政改革においては、次の6月議会において削減方策が示される模様ですし、私も県会議員として奔走している医療問題も大詰めを迎えております。
 そう言った重要課題を審議する、新市議会議員を選出する選挙が明日告示されます。

CA390179 CA390183
【篠山城周辺の桜】

Comments are closed.

活動報告ブログ 一覧を見る

活動報告 カテゴリ一覧

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

活動報告 アーカイブ

トップページ | 小西たかのり プロフィール | 活動報告ブログ | 基本政策・理念 | ご意見・ご感想・お問い合せ