文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2019年1月

2019年01月30日(水)

平成31年 術科始め式

本日(1月30)は、篠山警察署の『術科始め式』にお招きいただきました。

この術科とは、警察組織において柔道や剣道、逮捕術などの警察官としてかかせない技能のことを言うようです。

本日は、剣道・柔道の紅白試合と総合術科訓練を見せていただきました。

総合術科訓練は、
・パトロール中の警察官に本部から無線で「強盗事件発生」の一報
・無線情報の容疑者に酷似した人物を発見し、職務質問。
・職務質問中に凶器で反撃に転じた容疑者を格闘の末、逮捕。
というストーリーで展開されました。

容疑者役ももちろんお巡りさんですが、なかなか板についた演技を披露されました。

篠山署員皆さんの気迫こもる姿に、篠山市民の安心・安全の確保に頼もしさ、力強さを感じた次第です。

終了後、日高署長と市内の治安情勢について少しお話をさせていただきましたが、「防犯カメラの増設で、設置場所付近での車上狙い等の犯罪が激減した」との報告も受けました。

篠山市においては、一昨年、三の丸広場、市民センター等公共施設計5か所に10台、昨年は、篠山口駅ローターリー付近に3台の防犯カメラを設置しました。

この効果が抜群であったということです。しかしながら、まだまだ近隣市に比べると設置個所、台数も少ないとのことで、引き続き公共空間における設置の必要性も伺いました。

「強制わいせつ事件等、多くの犯罪検挙には、公共空間に設置されている防犯カメラ映像が決め手となった事例が多い」とも伺いましたので、しっかり取り組みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。