文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2019年1月

2019年01月28日(月)

平成31年兵庫県看護連盟 新年互礼会

本日(1月28日)は『平成31年兵庫県看護連盟 新年互礼会』。
約300名が参加され盛大に開催されました。

看護連盟とは、看護協会の目的を達成するための政治団体です。

その母体である『(社)日本看護協会』は「質の高い看護の提供」をめざし昭和21年に設立されましたが、「看護職が抱えるさまざまな問題のなかには、政治的手段によってしか解決できない問題がある」との思いの中で、昭和34年に政治団体である『日本看護連盟』が設立されました( 兵庫県支部は昭和36年創立)。

以降、今日まで法律の制定や改正・労働条件・看護教育の改善など、「質の高い看護の提供」に大きく貢献されています。

現在は、あべ俊子 外務副大臣(衆議院岡山3区)・木村やよい議員(衆議院京都3区)・たかがい恵美子 厚生労働副大臣(参議院議員)・石田まさひろ 参院厚生労働委員長(参議院議員)の4名(いずれも自民党)の看護職議員が、国政の場で活躍されています。

高齢社会においてより「質の高い看護の提供」は国政だけですべてが解決するはずもなく、地方・地域では、より現場に則した対応も必要。よって、地方議会との強固な連携も重要。

で、我々自民党議員団も、年数回にわたり兵庫県看護連盟の皆さんとは意見交換等を実施するとともに、団内に「看護を支援する議員の会」を設け、現地視察や施設見学等々も頻繁に行っているところです。

今年は、春に統一地方選、夏に参議院選を控え、更なる福祉の向上、看護現場の充実をめざし“熱のこもった”互礼会となりました。

その統一地方選も目前に迫り、我が党をご支援いただいている「兵庫県土地改良政治連盟」さんからも本日推薦状をいただきました。

尚、全国土地改良政治連盟では夏の参議院選挙(全国区)に向かって、元農林水産省地域整備課課長で本県出身の 宮崎まさお 氏(自民党)を推薦されています。

「農山漁村は未来への礎」ともに頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。