文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2019年1月

2019年01月20日(日)

第17回 篠山市新春駅伝大会

本日(1月20日)、生憎の空模様でしたが、黒豆の館周辺周回コースにて『第17回 篠山市新春駅伝大会』が開催されました。

この駅伝は、区間合計14,490mを7区に分け襷をつなぎます。1区と7区が3,090m、2区と6区が1,350m、残り区間は1,870mとなっています。

チーム編成は旧小学校区(19地区))単位と規定されており、出場資格は原則、篠山市在住者。1チームは選手7名(29歳以下4名以内)・補欠6名(29歳以下3名以内)とされていますが、女性の場合は29歳以下でも可とされています。中・高・大学生、各種専門学校生の参加も認められていますが、1チーム2名以内で、走行区間は1区以外。

この他にも少子高齢化するなかで、出来る限り地区間の公平性を保ちながらもより多くの皆さんが楽しめるようにと開催要項は工夫されています。結果、バラエティーに富んだ各チームの編成となっており、なかなか面白い大会となっています。

加えて、地区対抗の感も強くなり、追々、沿道の皆さんの応援にも力が入ります。

残念ながらインフルエンザの影響で出場出来なかった地区もあったようですが、今年は12地区から21チームが出場され、最高齢ランナーは、なんと73歳とのこと。お元気です。

結果は、
優勝:味間Aチーム(47分28秒 大会新記録)
2位 :八上チーム
3位 : 味間Bチーム

新春駅伝、大いに楽しませていただきました。選手の皆さん、お疲れ様でした。大会関係者の皆さん、ありがとうございました。

午後からは、城下まち会館で開催されました『KGU×篠山まちおこしプロジェクト』活動報告会へ。

神戸学院大学現代社会学部の神原ゼミ生11名が、篠山城下まちづくり協議会の皆さんとともに、篠山城下の地域活性化に取り組まれた活動を報告してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。