文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年9月

2018年09月06日(木)

北海道で地震発生

本日(9月6日)未明、北海道胆振地方を震源とする大変大きな地震が発生しました。

報道も逐一現場の状況等々を伝えていますが、大きな被害が出ているようです。

私は学生時代を含め6年間札幌に住んでいましたので、道内には知人も多く大変心配しております。メール等で連絡のついた数名からは、「無事です」「停電で大変」等の返信がありました。道内全域停電の状況下では、震源から遠く離れた地域でも大変な混乱が続いているようです。早期の復旧を心から願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北海道での震災が心配されるところではあります、当地では夕刻から「篠山ミュージックキャンプ交流会」が開催されましたので出席させていただきました。
この交流会は、明日から3日間【兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラ「兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)」の新シーズン幕開けを華やかに飾るスペシャル企画「シーズン・オープニング・フェスティバル」】が、たんば田園交響ホール開館30周年記念事業の一つとして篠山市で開催されることから、世界のマエストロ・佐渡裕氏をはじめ、PACの皆さんと市内の音楽関係者等が交流する機会として開かれたものです。
交流会は、和太鼓ユニット破天鼓(はてんこ)の皆さんによる和太鼓で開幕。

市長、県民局長の歓迎挨拶に続き、乾杯のご発声は、佐渡裕 芸術監督。壇上に上がられた佐渡監督は、乾杯に先立ち、篠山出身の河合隼雄 元文化庁長官から「大変影響を受けた」と、そのエピソードを紹介されました。

交流会は大変盛り上がり、最後は丹波篠山らしくデカンショ節で。佐渡監督やPACの皆さんも踊りの輪に入られ楽しんでいただきました。

明日は交響ホールで、PACオーケストラの公開リハーサルや、市内の高校吹奏楽部や市民合唱団を対象に、佐渡監督による特別クリニック等が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。