文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年8月

2018年08月23日(木)

元町山手地区再整備基本構想・基本計画検討委員会

台風20号が強い勢力で、本日(8月23日)夜から明日未明にかけて接近する見込みです。夕刻から風も強くなってきました。私も、雨がひどくならないうちに、飛びそうなものは片付けておきました。

発令される情報をしっかりと入手し、土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水や氾濫等に厳重な警戒をお願いします。

さて、本日は「第1回 元町山手地区再整備基本構想・基本計画検討委員会」に出席させていただきました。

この委員会の開催目的は、県が策定しようとしている「元町山手地区再整備基本構想・基本計画」について、有識者等からの意見の聴取。

そもそもなぜこれら構想や計画の話が持ち上がったかといいますと、県本庁舎は築50年前後が経過し、加えて阪神・淡路大震災で大きな被害を受けての耐震補強からも20年以上を経過していること等から、本年度1号館の耐震診断を実施しました。

その結果、必要とされる耐震性能を満たしていないことが判明したのが事の始まり。

で、県庁周辺地域には、県民会館や神戸総合庁舎、旧医師会館など築後40年~50年を経過する県有施設が点在していることも踏まえ、今後50年の県庁周辺施設の在り方を見据えると、本庁舎の再整備に際しては、これら周辺施設の在り方も併せて検討する必要があるとの判断から、「元町山手地区再整備基本構想・基本計画」を策定することになったようです。

本日の委員会は、

  1. 再整備の検討の経緯及び趣旨
  2. 元町山手地区の現状と課題
  3. 目指すべきまちの将来像及びまちづくりの基本方針

について議事が進みました。

本日が第1回目の意見聴取ですから、私からは、

「神戸市のまちづくりにおいての県庁再整備なのか、兵庫県庁のあり方も含めた再整備なのか」とのそもそも論についての疑問を投げかけさせていただきました。

その答えについては次回頂けることになっています。

本日示された基本構想策定までのスケジュールはかなりタイトなものですが、どのような構想・計画 (案)にまとめ上げられるのか楽しみです。

元町山手地区再整備基本構想・基本計画検討委員会 名簿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。