文字サイズ変更

事務所からのお知らせ

2018年06月18日(月)

大阪北部地震

今朝(6月18日)午前7時58分、大阪府北部を震源とするM6.1の地震が発生しました。

県内にも震度5弱を観測した地域もあります。

大阪府では犠牲になられた方も出ています。心からご冥福をお祈りいたします。

特に高槻市の女児が登校中に学校のブロック塀の下敷きなり、尊い命が奪われたという痛ましい事案については、これまでの教訓がなぜ活かされなかったのかと、心が痛みます。

絶対に繰り返してはなりません。早急に「見落としがないか」、県内、市内の確認を行わなければなりません。

・・・・・・・・・・・

本日(6月18日)は、文教常任委員会が午前10時開会ということで、少し早めに家を出発。100mほど先のゴミステーションにゴミを出し終え、再び車に乗った途端、ラジオから緊急地震警報が。

と、ほぼ同時に大きな揺れを感じました。

一旦車から降り、あたりを確認しましたが、特に大きな異常はありませんでした。

震源が大阪府北部ということで、高速道路等の通行止めも心配しましたが、そのまま一路県庁へ向かいました。

私が車を走らせている間は、舞鶴若狭道、中国道、阪神高速北神戸線、新神戸トンネル、何れも通行(のちに次々通行止めになったようですが)できました。

いつもとさほど変わらない所要時間、1時間10分程度で県庁に到着することができました。

が、鉄道がかなり広範囲でストップしてしまい、議会事務局も数名の職員さんしか登庁されておらず、議員の登庁もほとんどありませんでした。

この様な状況、かつ、鉄道等交通手段の回復の目途も立たない中で、本日開会予定の各常任委員会の延期が決まり、さらに、午後からの兵庫県議会政策法務研修も延期、等々、本日の予定の大半が延期となりました。

県当局は地震発生とともに兵庫県災害警戒本部を設置し、9時には第1回災害警戒本部会議を開催、以降、12時に第2回、17時には第3回、と迅速に対応されています。

また、9時30分には消防庁からの要請により、兵庫県消防防災ヘリコプターが大阪府へ上空からの情報収集のため出動しています。

これら警戒本部の情報は、議会へも随時提供され、県内の状況、被災地の状況についてはほぼ共有できる仕組みになっています。

が、課題も浮かび上がってきました。

県内に大きな被害発生はなかったものの、

・通勤時間帯の交通網マヒで、多くの職員さんが身動きが取れず、登庁できない状況に陥った。

・被害状況把握のため大阪府庁へ派遣した先遣隊が、渋滞に巻き込まれ到着に5時間半を要した。

等、今後しっかりその対策を検討しなければなりません。

ともあれ、熊本地震の例にもありますように、ここ数日間は、同規模、それ以上の地震の発生も警戒しなくてはなりません。くわえて、雨の季節ですので降雨にも警戒しなければなりません。

雨と言えば、台風被害で昨年秋から通行止めが続く国道173号線ですが、災害復旧現場が震源地に近いこともあり、「今回の地震でさらに被害が出ていないか」と、当局に確認いたしましたところ、「地震による被害は特段ない」とのことで、復旧工事は予定通り進めるとの事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。