文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年6月

2018年06月06日(水)

篠山城下まちづくり協議会

本日(6月6日)の総会は、『篠山城下まちづくり協議会』の総会。

現在、篠山市内では19の地区で、まちづくり協議会が活動を行われています。

これらの“まち協”は、

【第7期の法人県民税超過課税(課税期間:平成16年10月~21年9月)を活用し、市町と連携しながら、県民交流広場のための整備費助成や活動費助成などを行い、地域を舞台とした子育て、防犯、環境・緑化、生涯学習、文化、まちづくりなど多彩な分野の活動を通じた元気と安心のコミュニティづくりを応援する】県の県民交流広場事業(1小学校区につき1,300万円を限度)の受け皿としての意味もあり、平成20年前後に相次いで設立されました。

篠山城下まちづくり協議会の設立は平成23年。市内では最も遅い設立でした。

が、以降、「いきいきサロン」や昔の映画を上映する「なつかしの映画会」等のイベントや、子供達の通学見守り等の活動も積極的に展開されています。

色々な祭りやイベントが多い城下ですが、これら行事やイベントを通して、特に意識されることもなく「まちづくり」を担う「人づくり」の育成システムが継承されてきていました。しかし、少子高齢化の中、単位自治会だけでは、このシステム継承に支障が出てきているのが現実です。であるからこそ、単位自治会の枠を超えて、校区という一回り大きな括りで活動をするまちづくり協議会の役割は大きいのではないかと考えます。

本日総会が行われた、『篠山城下まちづくり協議会』のみならず、市内の各まち協が、地区の新しい牽引役としてその機能が最大限発揮され、地区内の発展振興、更には篠山市の振興発展につながりますよう、私も微力ですがお役に立てるよう頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。