文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年5月

2018年05月27日(日)

青野原駐屯地創設42周年記念事業

本日(5月27日)まずは、青野原駐屯地で開催されました『青野原駐屯地創設42周年記念行事』に。

陸上自衛隊青野原駐屯地は、昭和51年現在地に創設され、毎年この時期に『青野祭』と称し、式典・観閲行進・アトラクション・訓練展示や模擬店に野点等々が行われ、一般に開放されます。

今年は、篠山市防衛協会事務局長の、「折角の機会ですから、会員以外の篠山市民の皆さんにも参加を呼びかけてはどうか」との提案で、新聞紙上等で募集をしたところ、15名ほどの応募をいただきました。自衛隊の送迎車が定員20名でしたので、初の試みとしてはまずまずの成果ではないかと思います。

篠山市防衛協会は、平成16年に設立された市民団体で、「市民一人ひとりが、自衛隊の活動や実態をより深く知り、自衛隊についての理解を深め、市内において自衛隊への理解促進を図る事を目的」に活動を行っています。

今後もこの趣旨に則り、様々な機会の提供を行っていきたいと思いますので、趣旨をご理解していただける方なら、どなた様の入会も大歓迎です。随時会員を募集していますので、このブログを読んで興味をもたれたなら、是非、当事務所までご連絡をいただければ幸いです。

さて、記念式典は晴天の下、整然と行われ、大規模災害発生時には当駐屯地の部隊に真っ先にお世話になる近隣市町の旗も行進。もちろん我が篠山市旗も。

日頃から市民の立場でも、「自衛隊との信頼関係をつくっておくことが大切」です。

午後は、丹波の森公苑で開催されました、神戸新聞社主催の『平成30年金婚夫婦祝福式典』に。

今年は、篠山市から67組、丹波市から93組の計160組のご夫婦が参加されました。

例年この式典における県会議員の役割は万歳三唱。

今年は、「県政150年」「神戸新聞創刊120年」「第80回 金婚式典」「それぞれご夫婦の金婚」と、めでたき4つの節目の年。4つでは数字が悪いので、私から会場の皆さんに「本日誕生日の方いらっしゃいませんか?」と問いかけたところ、期待通り1名いらっしゃいました。

このお祝いも加えて、めでたき5つの喜び事を祝して、万歳三唱をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。