文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年5月

2018年05月15日(火)

篠山市高齢者大学 合同開講式

本日は『平成30年度 篠山市高齢者大学 合同開講式』に出席させていただきました。

篠山市の高齢者大学は、概ね旧多紀郡6町毎の7学園から構成されています。

高齢者の元気を応援し、『であい、ふれあい、まなびあい』の場を提供するため、毎年この時期に高齢者大学が開講されます。

年会費(4月1日~翌3月31日)1,700円で、趣味講座と一般教養講座が受講でき ます。

で、人数の関係から、合同開講式は同じメニューで午前と午後に分けて開催されます。

今年の受講生数は989名(5月15日現在)。その内、女性は823名。それに比べて男性は166名。

私も挨拶の時間をいただけますので、不公平がないように、ほぼ同じ挨拶を午前と午後の2回。

まァ、定番の・・・

「数ある大学の中でも高齢者大学に入るのは、かなり難しいと思います。なぜなら、少なくとも入学資格年齢に至るまでは元気でいなければなりません。また、家族の協力を含め、学園に通える環境がなければなりません。更に、学ぶ意欲等積極性がなければなりません。等々を考えると、私も入れるかどうか・・・」

と、所謂つかみから始めるのですが、なんと今年の受講生最年少は41歳。

「年齢制限にひっかるハズ」と思いましたが、入学案内の資料をよく見ると「年齢は問いません」となっています。

ということで、市内に在住、在勤の方でしたらどなたでも受講できるます。

今更ながら新たな発見でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。