文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年3月

2018年03月10日(土)

丹波篠山ひなまつり開幕

雛祭りと言えば、三月三日。

この日までには、「お雛さんを片付けなければ、云々」と言われますが、当地域においては、旧暦採用ですので、4月3日までは大丈夫。

と言うことで、本日から3月18日までの間、市内8会場で楽しめる『丹波篠山ひなまつり』が開催されます。

『丹波篠山ひなまつり』

その開会式が、国の重要伝統的建物群保存地区に指定された福住地区の住吉神社境内で行われましたので、出席させていただきました。

会場の住吉神社の社務所には、世界的に著名な作庭家の 重森三玲 が手掛けた枯山水の庭「住之江の庭」があります。

貴重な観光資源ですが、これまでは「知る人ぞ知る」存在でした。ここにスポットを当て、観光資源として再生する事業が先月から始まり、このこととの連動の意味もあり、本日の開会式会場にも選ばれたようです。

今年の『丹波篠山ひなまつり』は、 丹波県民局の「丹波ファン拡大チャレンジ事業」や篠山市の「日本遺産のまちづくり応援事業」などの助成事業にも選ばれた、行政も注目する事業です。

丹波篠山ひなまつり実行委員会によると、「『節句のハンドメイドを旅する』をキャッチテーマに、“篠山女子の文化力”による丹波ファンの拡大を図る」とのこと。

また、事業概要には、【今回、「篠山女子の文化力」にスポットを当て、新たな事業として「節句のハンドメイドを巡る旅づくり」とともに、女性パティシエ・シェフ等の掘り起こし、デコ巻き寿司など「食の展開」、「巡る環境づくり」を進める。巡る環境づくりとしては、「丹波篠山ひなまつり」は篠山初の地域連携のイベントとして、広く市域全体を会場とするが、8時~14時台の路線バスおよび土日のコミバスは運行がなく、巡回アクセスが課題となる。そこで会場を巡る小型バスを、土日限定で運行したいと考える。】と。

これからどんどん暖かくなる丹波篠山、是非、この機会に訪ねてみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。