文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2018年2月

2018年02月27日(火)

学校給食で神戸ビーフを出すとすると・・・

本日の本会議は、一般質問3日目。

登壇者、質問項目は以下の通り。

質問者 質    問    項    目

戸井田ゆうすけ議員(自由民主党)

[発言方式:一括]
1 水道施設の老朽化対策について
2 県道姫路環状線の現道対策について
3 山陽電鉄大塩駅の改修とその周辺整備について
4 八家川における浸水対策について
5 海岸保全施設の老朽化対策について
6 中播磨・西播磨圏域の医師確保のための県立はりま姫路総合医療センター(仮称)の果たす役割について

 

質問者 質    問    項    目

谷井いさお議員(公明党・県民会議)

[発言方式:一括]
1 障がい児者対策について
(1)県東部における障がい児者リハビリテーションの拠点設置について
(2)障がい児者における短期入所サービスの充実について
2 社会的養護における高校卒業児童への自立支援対策の充実について
3 動物愛護センターのリニューアルについて
4 尼崎の森中央緑地の集客及びリピーター対策について
5 尼崎総合医療センターの施設拡充について
6 夜間中学校における就学機会の提供推進について

 

質問者 質    問    項    目

竹内英明議員(ひょうご県民連合)

[発言方式:一問一答]
1 学校給食を活用した県民意識の高揚について-神戸ビーフまたは但馬牛の「県政150周年給食」の提供-
2 マンション等の集合住宅における民泊規制について
3 ヤマトヤシキ姫路店閉店の影響及び旅券事務所の移転について
4 自然破壊を伴う山林等への太陽光発電施設建設の規制について
5 公立高校の入試制度の見直し(希望校変更の不平等廃止)について
6 基金再編と将来負担比率目標の設定について

 

質問者 質    問    項    目

関口正人議員
(維新の会)

[発言方式:分割]
1 公文書管理について
(1)歴史的公文書の管理について
(2)電子メールの取扱いについて
2 身体拘束廃止に向けた取組について
3 県における固定資産台帳の整備と統一的な基準による地方公会計制度について
4 スポーツクラブ21ひょうごについて
5 地球アトリエ構想の推進について
6 兵庫県立人と自然の博物館について
 

 

質問者 質    問    項    目

盛耕三議員(自由民主党)

[発言方式:一問一答]
1 大学との連携を活かした地域創生の戦略的な推進について
2 小・中学校の指導・運営体制の改善と学校事務職員の学校経営参画について
3 歯科口腔保健の推進について
4 播磨科学公園都市がもっと輝くための取組について
5 農業用水の持続的な確保について

本日の一般質問で会議場をわかしたのは、ひょうご県民連合の竹内議員の一問目「学校給食を活用した県民意識の高揚について-神戸ビーフまたは但馬牛の「県政150周年給食」の提供-」ではなかったかと思います。

 

質問の趣旨は、「県政150周年を記念して、県下の子供達に学校給食で神戸ビーフを提供したら」というご提案。なかなか粋な質問です。

いつもは舌鋒鋭い竹内議員の質問ですが、この質問で本会議場はなんとなく和やかな雰囲気に。

また、教育長の答弁がなかなか面白く、紹介しますと・・・

 

「神戸ビーフは大変高価なものです」「100gのステーキだと、一食3,500円になります」「50gにしても一食1,750円、小学生の給食代は、平均で一食240円です」「240円のところ1,750円ではちょっと…保護者に負担を求めるには…」「かりに公費で賄いますと、県内の小学生が29万人、5億円ほどかかってしまいます…」「自然学校の県費予算が3億5千万円ですし…」「カレーやシチューにして、肉の量を30gにしても、一食1,000円…」「いくら県政150周年といいましても、よほど慎重に検討しなければ…」

 

以上、活字では伝わりにくいかもしれませんが、本質はついているものの“和やかさ”を崩さないものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。