活動報告ブログ

2017年3月26日

3月26日 篠山川沿岸土地改良区第57回総代会

皆さん、こんにちは。

 今朝は、5.03kmを1時間07分かけて。

 本日は、私が理事長職を預かる篠山川沿岸土地改良区の総代会に。
DSC_5051 DSC_5053
 土地改良区とは、昭和24年制定の土地改良法施行後、農業生産を行う上で欠かせない用排水施設の整備・管理や農地の整備等々、所謂、土地改良を目的として設立された農家の人たちの組織で、篠山川沿岸土地改良区は、昭和41年に設立されました。

 本日の議事は、平成28年度一般会計及び各特別会計補正予算や県道泉八上新線拡幅事業による当改良区有地の処分等、専決処分の報告、平成27年度事業報告、一般会計及び各特別会計収支決算、財産目録等、平成27年度関係議案の承認や、平成29年度事業計画、一般会計及び書く特別会計予算(案)等、平成29年度関係議案についてご審議いただきました。

 当改良区の総代会は、毎年この時期に開催いたしますので、年度会計を完全に〆ることができません。
 よって、平成28年度一般会計及び特別会計については、3月初めの理事会で補正予算を組み、専決処分として総代会で承認を得ることになっております。
 このため当年度の事業報告や会計の収支決算については、翌年度の総代会で承認を諮ることになっています。
 少々ややこしいですが、「年度」を間違えて記載しているわけではありません(^_^;)

 本日ご審議いただいた議案10件については、すべて原案通り可決・承認していただきました。
 総代の皆様、ありがとうございました。

 当改良区が設立されてすでに50年。 
 この間、篠山市の基盤整備率は98.6%と、ほぼ整備ができています。
 しかしながら、そのほとんどは昭和40~50年代に整備されたもので、用排水路や揚水機などの土地改良施設は、かなり老朽化が進んでいます。
 また、現在整備が行われている地域と比べると、40年前、50年前の整備ではその技術にもかなり差が出ており、この様な観点からも、今後より生産性の高い農業を持続発展させるためには、施設の再整備等を計画的に堆進し、機能維持・増進を図る必要があります。

 民主党政権時に大きく減額された土地改良予算も、当初予算時での回復までには至っておりませんが、補正予算を含めると概ね減額前の水準に回復しています。

 今後、『農都篠山』を支える基幹産業として、当地域農業が成長していくためには、基盤整備の充実が不可欠です。

 計画的な施設の更新はもとより、新たな技術の導入も視野に入れ取り組まなければなりません。


コメントを投稿する

活動報告ブログ 一覧を見る

活動報告 カテゴリ一覧

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

活動報告 アーカイブ

トップページ | 小西たかのり プロフィール | 活動報告ブログ | 基本政策・理念 | ご意見・ご感想・お問い合せ