文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2017年2月

2017年02月21日(火)

2月21日 県道篠山山南線黒田地区内要望活動

皆さん、こんにちは。

 今朝は2.34kmを33分36秒で。

 本日は、県道篠山山南線の黒田地区内狭隘箇所区間の整備、並びに、篠山川川北下新田地区内護岸崩壊箇所の改修について、当該地区役員の皆さんとともに丹波県民局長、土木所長を訪ね地域の要望を伝えてきました。
16806857_1275582519200809_3278634899464288562_n 16864383_1275582525867475_4564736493387209593_n

 県道篠山山南線の当該箇所については、平成20年改訂以前の社会基盤整備プログラムにはバイパス計画が掲載されており、その方向で地元調整も進められましたが用地交渉がまとまらず、バイパスではなく現道拡幅での改修に当時は、一旦舵を切られました。
 この現道拡幅については、地元の合意も得られ、当時の篠山土木事務所もその方向で工事に入る旨を地元にはしていたようです。
 しかし、平成19年県財政の悪化が表面化し厳しい行革を行うとの観点で見直された平成20年改訂の社会基盤整備プログラムでは、「バイパス計画から現道拡幅と計画が変更されることや、それに伴う財政負担増等々の理由」で、社会基盤整備プログラムから外れてしまいました。
 さらに平成25年の同プログラム見直し時でも「川代トンネル」との同一線上の工事とのことで復活することが叶わず現在に至っています。

 同プログラムの見直しは概ね5年毎となっており、次回平成30年の見直し時には、川代トンネルも完成することもあり、次回の見直しでは復活できるよう要望を行ったところです。

 川代トンネルの完成により交通量も増えることが見込まれ、この狭隘箇所の解消の必要性はますます高まります。
 長年の大きな課題ですので、私も地元の皆さんとともにしっかり汗をかかせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。