文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2016年7月

2016年07月11日(月)

7月11日 自民党と県土整備部との意見交換会

皆さん、こんにちは。

 長かった参議院選挙も終わりました。
 
 激戦の兵庫県選挙区では、自民党公認末松信介候補が、得票数 641,910票(得票率26.3%)で見事TOP当選を果たされました。
 全国比例では、私の県政報告等にもお越しいただいた、片山さつき候補も当選を果たされました。
 おめでとうございます!(^^)!

 選挙期間中は、ポスター貼りから街頭演説の段取り等々、多くの方々にお手伝いいただきました。
 お手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

 
 で、早速、ポスターの撤収です(^^;
 
 2連ポスターから、約5ヶ月貼らせていただいたお家もあり、本当にありがとうございましたm(__)m

 午後は、『自民党と県土整備部との意見交換会』に出席するため登庁。

 我が議員団では議員団の掲げる理念や政策を県政に着実に反映させる為、団内に議会常任委員会に相応する7つの部会を設けています。
 これらの部会では、それぞれが所管する事項について、調査研究活動を精力的に実施するとともに、当局幹部との意見交換会を実施する等緊密な連携を図りつつ、得られた情報や成果は、政調理事会等を通して議員団内での共有化を図り、重要政策提言や知事申し入れ、代表質問、予算・決算質問等に反映させています。

 この意見交換会も部会毎に開催され、執行部とそれぞれ部会の正副部会長が出席します。因みに私は建設部会の副部会長。
 本日県土整備部からは、糟谷部長をはじめ10名の幹部職員さんに出席いただきました。

 今回は、当局から「社会基盤整備の取組について」「ひょうごのまちづくり・住まいづくりについて」説明があり、その後自由懇談という流れ。

 兵庫県では、事業評価制度と併せて公共事業執行の透明性を確保するため、また、地域の課題やニーズを的確に踏まえた社会基盤整備を計画的・重点的に推進するため、総事業費1億円以上の県土整備部・農政環境部所管の社会基盤整備事業(災害復旧事業・維持修繕事業は除く)を対象とした『社会基盤整備プログラム』を地域別に作成しています。

 丹波地域でもこのプログラムに基づいて、道路(農道・林道などを含む)、河川(ダムを含む)、治山・砂防、等の事業を進めています。

 現在このプログラムの計画期間は平成26年~35年(前期:26~30年度 後期:31~35年度)となっていますが、比較的大規模な事業のプログラム故、経済状況や地元事情によって計画通りに進捗しないものも出てくるため、概ね5年ごとに見直しがされています。次回は来年度に作業が行われます。
 この見直しによって、新たに記載されるものもあれば、外れてしまうものもあります。

 しかしながら、「地域の課題やニーズを的確に踏まえ」てつくられた計画ですので、「外す」ちなるとなかなか地域の理解は得られません。
 で、本日の懇談の中で、「次期見直しが近づくにあたり、前期着手の計画となっていながら、現時点で着手すらできていないものについては、先延ばしにするのではなく、工夫しながらでも着実に進めるべき」との意見を述べさせていただきました。

 夜は、ふるさと一番会議、篠山地区です。
 
 地区内自治会長さんから、事前に頂いたご意見ご要望は、ありませんでした。
 本日会場では、
・ 南新町交差点における信号機設定変更等による渋滞(特にイベント時)緩和ができないか? 
・ 河原町伝建地区への補助充実を
 等、ご意見ご要望をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。